真和建装株式会社
真和建装株式会社
真和建装株式会社
close

大切な建物を永く、
美しくするプロジェクト

Project 1
ターミナル駅を
リブランディング

北千住駅イメージ

より美しく、
より安全に利用できるように
北千住駅をリブランディング

2000年以降は駅周辺の再開発が進み、大型商業施設と大学が駅徒歩圏内に新設。4社5路線が乗り入れており、駅別乗車人員はTOP10を誇る東京都北東部に位置する都内有数のターミナル駅である北千住駅。

しかし、それゆえに安全面の考慮が必要であり、また営業を止めることが環境に置かれているため、改修工事をしようにも夜にしか着工できない。

そう考えた時に選ばれたのが「マハール」だった。

美観の向上、利用者の安全のために
真和建装のマハールが選ばれる

マハールイメージ

採用頂いたアーグラ(右)

北千住駅では、「利用者の安全」、「限られた“夜”の時間での工事」という2つの課題を抱えていた。

もともと既存の壁にはガラスに近い素材が使われており、もし人が転けて突っ込んでしまったら大怪我になる可能性があった。そのためなるべく大きな事故が起こりにくい素材が求められていた。

そして、駅という場所柄、電車が通る時間や利用者がいる時間に工事はできない。そのため、夜中に騒音が起きず粉塵も散らさない、近隣生活者に迷惑がかからない施工でなくてはいけない。

これからの諸条件を満たし、さらに美観の向上まで満たせる外壁材として唯一の存在に近い「マハール」が候補として選ばれ、数度の提案を行った結果、採用頂くことに決まった。

利用者の安全が第一。
着々と夜の作業を進めていく

着工前の北千住駅の階段

着工前の北千住駅の階段

■施工の流れ
採用されたのは北千住駅の通路と階段(20箇所)

  • 1.準備
    まず実測で図面を描く作業を行う。 図面を引くことで、 必要な材料を出し、発注作業を行うことができる。 デザインは決まっていたので、細かいすり合わせ作業をお客様と行い、準備を進める。
  • 2.工期に間に合うように人員を配置し、いよいよ施工
  • 3.現場での取り組み ・1日にどれくらいの作業ができるのかを入念に打ち合わせ。 ・作業が行えたのは午前1時〜4時の、電車が止まっている間。しかも足場を組む作業や撤退作業も含むと、実働時間は約2時間半しかなかった。

限られた時間・そして迫る納期の中で、お客様に迷惑がかからないように的確かつスピーディに作業を着々進め、無事に施工完了。

今も北千住駅を利用する度に
特別な思いが込み上げてきます

これまで関わってきたマハールの施工平米数は平均すると200平米くらいでしたが、今回はその10倍以上の平米数で、夜にしか作業できないということでかなり条件の厳しいプロジェクトでした。しかし、その分やりがいもあり、その後のモチベーションにも繋がりました。

無事に終わった安堵感と携わってくれた職人さんへの感謝の気持ちが第一にあり、信頼関係がなければできないプロジェクトだったと思います。
お客様もとても満足してくださり、私自身も思い出に残ったプロジェクトの一つです。
今も北千住駅を利用する度に特別な想いが込み上げてきます。

マハール事業部 課長 
松本 知也

ますます進む建物の老朽化。
マハールでもっとお役に立ちたい。

老朽化した建物を建て替えるのではなく、改修工事をして永く使えるにして資産価値を高めていく。環境の観点からもますます求められるのではないだろうか。そんな時マハールが持つ施工性・そして、イメージをガラッと変えるデザイン性が評価され、多くのお客様に喜んでもらいたい。

目指すは日本中の建物をマハールでリブランディング。

そんな妄想を実現するために次のプロジェクトを着々と今も進めている。

関連事業

ページの先頭へ