真和建装株式会社
真和建装株式会社
真和建装株式会社
close

本音で聞く真和建装
~真和建装と関わりのある方たちにお聞きしました~

家族のように接してくれて、
仕事を通してやりたいことを
応援してくれる会社です。

株式会社アクティベートファクトリー
代表取締役 
三田 剛広

Q1. 真和建装と関わるようになったきっかけは?

きっかけは共通の知り合いの紹介です。
具体的には、真和建装さんからWEBのお問い合わせを増やしたいという要望に対して、力になれそうな人ということで知人からご紹介頂きました。

Q2. 真和建装の特徴や「いいな」と思うところはありますか?

端的に言うと、「家族のように接してくれる」ところです。かつ、自分のやりたいと思っていることを仕事を通して積極的に応援してくれます。その部分は、他の会社に比べて際立っていると思います。

ただ、最初はWEBに関わる人にあまり良い印象がなかったみたいで。。。後でお話を聞くと過去にWEB製作会社に騙されるような経験をしたことがあったみたいです。
そのため本当に任せていいのかと疑われている部分もあったと思います。ただそれは信頼関係を築く上で必要な「疑い」だったと思います。そしていざ「この人なら信頼できる」と思っていただけたときに、ぐっと距離が縮まりまして。以来家族のように接していただいています。
そのため仕事をする上でもやりやすさを感じています。

Q3. 家族のように接してくれるという」という点について、具体的なエピソードはありますか?

たとえば忘年会や50周年記念パーティーなど、会社の社員行事にきちんと私の席を用意してくれていることですかね。決して皆さんと会う頻度は多くないにも関わらずです。真和建装さんならではの「温かさ」や「優しさ」を感じましたね。

Q4. 今後どのような点で貢献していきたいというのはありますか?

家族のように接してくれているとはいえ、客観的な視点を忘れずに、マーケティング・広報担当として売り上げを伸ばすことに貢献するのが最低限の役割だと考えています。
具体的には、「真和建装」と主力製品である「マハール」の知名度を上げること。どちらも大切なことで、様々なお客様からの相談がもっと来るようにしていきたいと考えています。

それとこれまでもそうでしたが、お金をたくさん使って当たる、当たらないような取り組みではなく、着実に会社と関わる人が成長できるようなサポートを心がけていきたいですね。
そのために世の中の小さな変化も見逃さず、時代のニーズに応え続けていけるよう私の視点からもサポートしたいですね。

Q5. 真和建装と「こんなことを一緒に取り組みたい」などの要望はありますか?

真和建装さんがこれまで培ってきたものを活かしたいです。たとえば「マハール」を今までとは違った使い方ができないか?など色々模索できる部分を掘り起こしていけるようなお手伝いができればと思っています。

私自身「マハール」という建材にとても愛着を持っているので、昨今高まっているDIYなどお家のリフォームを考える上で、他の塗装・改装素材の中の選択肢として当たり前にしたいですね。本当に良い建材だからこそマハールを使うことが「かっこいい!」みたいなムーブメントを作れたりしたら最高ですね。実際に環境への配慮がされていますし。
ですので、マハールの新製品企画から開発まで全行程一緒に取り組んでいきたいですね。

本日はお忙しい中、お話をお聞かせ頂きありがとうございました。

インタビュー日:2018年1月

ページの先頭へ